求職者データ詳細
最終更新:862日前

エンジニアリングアナリスト

  • 471
  • 32

プロフィール概要

業種
航空機
職種
設計
技術分野
CAD
開発環境
CATIA V5 HD2 / CATIA V5 MD2
製造環境
記載なし
国籍
インド
年齢
27歳
性別
男性
現在の居住地
※企業メンバー登録後に表示
VISA
※企業メンバー登録後に表示
在日経験
※企業メンバー登録後に表示
在米経験
※企業メンバー登録後に表示
日本企業勤務経験
※企業メンバー登録後に表示
米系企業勤務経験
※企業メンバー登録後に表示
現在の職種(本人記載)
※企業メンバー登録後に表示
現在の職務レベル
※企業メンバー登録後に表示
総経験年数
6 年
最終学歴
St.Peter’s Engineering College, Anna University
学部・専門
Mechanical Engineering
卒業年
※企業メンバー登録後に表示
その他学校
※企業メンバー登録後に表示
専門・コース
※企業メンバー登録後に表示
卒業年
※企業メンバー登録後に表示
語学(英語)
※企業メンバー登録後に表示
語学(日本語)
※企業メンバー登録後に表示
語学(英語)
語学(その他)
EXCEL
※企業メンバー登録後に表示
WORD
※企業メンバー登録後に表示
POWERPOINT
※企業メンバー登録後に表示
ACCESS
※企業メンバー登録後に表示
希望する業種
※企業メンバー登録後に表示
希望する職種
※企業メンバー登録後に表示
希望する役職
※企業メンバー登録後に表示
希望勤務地
※企業メンバー登録後に表示
希望給与(月額)
※企業メンバー登録後に表示

製品・部品

英語 原文(本人記載)
Fuselage structural components- Design and Drawing support
3D Drawing Creation for aircraft structural parts and electrical brackets
Team Management
Onsite-Offshore Coordination
日本語(機械翻訳)
胴体構造components-設計製図サポート
3D図面の作成航空機構造部品や電気ブラケット
チーム管理のための
オンサイト、オフショアコーディネーション

経験・スキル・知識

英語 原文(本人記載)
JLPT N3,japanese language,CATIA V5,GD&T,Model Based Definition,Structural design,FTA,CatScripts,Visual Basic,MBD,KWA,knowledgeware,Client Handling,Enovia.
Bi-Lingual Engineer with 5 years and 6 months experience in aircraft fuselage components structural design, design support and drawing creation with INFOSYS LIMITED.
日本語(機械翻訳)
JLPT N3、日本語、CATIA V5、GD&T、モデルベースの​​定義、構造設計、FTA、CatScripts、Visual Basicの、MBD、KWA、ナレッジウェア、クライアント処理、ENOVIA。5年と6ヶ月の経験を持つ
バイリンガルエンジニア航空機の胴体部品構造設計、設計支援とINFOSYS LIMITEDと図面作成。

職務経歴 1

英語 原文(本人記載)
Engineer Analyst
Review and Design of Fuselage Skin panels considering the tooling availability with client and various design criteria which the client follows.
Coordinating with Clients on technical details at onsite location.
Developing Visual Basic and CatScript automation macros to reduce the repetitive work, thereby reducing the execution time.
Fastener positioning and deciding on the type of fastener to be used based on the stack-up for Skin doublers and bear straps, stringer to skin riveting (Bear Strap and Cut-out surround).
Review of frames based on the basic sizing by considering various design criteria that has to be followed in the designing of frames.
Design of Joint parts like stringer splices, skin splices based on the basic dimensions of stringers and skin at the joint location. Deciding the presence of solid shims or taper shims by analyzing the data and suggest improvements keeping in view the manufacturing and assembly constraints.
Analyzing assemblies and identifying potential issues in design of the components.

日本語(機械翻訳)
エンジニアアナリスト
レビューと胴体外板パネルのデザインは、クライアントが以下のクライアントとさまざまな設計基準とツーリングの可用性を考慮。
オンサイト・ロケーションで技術的な詳細上のクライアントとのコーディネート。
軽減するために、Visual BasicおよびCatScript自動化マクロを開発それによって。
ファスナー位置決め実行時間を短縮し、留め具の種類を決定する反復作業は、皮膚ダブラーとクマのストラップ、肌へのストリンガーリベット(ベアストラップとカットアウトサラウンド)のスタックアップに基づいて使用されます。ストリンガーのようなジョイントパーツの
フレームの設計に従わなければならない様々な設計基準を考慮することによって、基本的なサイジングに基づいて、フレームのレビュー。
デザインは、接合部のストリンガーや皮膚の基本寸法に基づいて、皮膚のスプライスをスプライスロケーション。データを分析することにより、固体シムまたはテーパシムの存在を決定し、ビューに製造および組み立て制約を維持改善を示唆している。
アセンブリを解析し、部品の設計に潜在的な問題を特定する。

Processing...