求職者データ詳細
最終更新:769日前

設計技師

  • 104
  • 6

プロフィール概要

業種
自動車
職種
設計
技術分野
CAD
開発環境
NX(設計) / AutoCAD LT
製造環境
記載なし
国籍
インド
年齢
26歳
性別
男性
現在の居住地
※企業メンバー登録後に表示
VISA
※企業メンバー登録後に表示
在日経験
※企業メンバー登録後に表示
在米経験
※企業メンバー登録後に表示
日本企業勤務経験
※企業メンバー登録後に表示
米系企業勤務経験
※企業メンバー登録後に表示
現在の職種(本人記載)
※企業メンバー登録後に表示
現在の職務レベル
※企業メンバー登録後に表示
総経験年数
5 年
最終学歴
Maharishi Dayanand University, Rohtak
学部・専門
Mechanical Engineering
卒業年
※企業メンバー登録後に表示
その他学校
※企業メンバー登録後に表示
専門・コース
※企業メンバー登録後に表示
卒業年
※企業メンバー登録後に表示
語学(英語)
※企業メンバー登録後に表示
語学(日本語)
※企業メンバー登録後に表示
語学(英語)
語学(その他)
EXCEL
※企業メンバー登録後に表示
WORD
※企業メンバー登録後に表示
POWERPOINT
※企業メンバー登録後に表示
ACCESS
※企業メンバー登録後に表示
希望する業種
※企業メンバー登録後に表示
希望する職種
※企業メンバー登録後に表示
希望する役職
※企業メンバー登録後に表示
希望勤務地
※企業メンバー登録後に表示
希望給与(月額)
※企業メンバー登録後に表示

製品・部品

英語 原文(本人記載)
Seating Layout
Wiring Harness
W/H Routing Design
W/H related components
Protector
Clamp
Bracket
Sheet metal bracket
Wiring Harness Benchmarking
etc.
日本語(機械翻訳)
座席レイアウト
ワイヤーハーネス
W / Hルーティングデザイン
W / H関連のコンポーネント

プロテクタークランプ
ブラケット
板金ブラケット
ワイヤーハーネスベンチマーク

など

経験・スキル・知識

英語 原文(本人記載)
Currently working as Design Engineer for Seating in Suzuki Design Centre as a Layout & Component Designer.
Design wire harness routing through the 3D CAD tool and provide concept designs for new components.

日本語(機械翻訳)
現在のレイアウトおよびコンポーネントデザイナーとして鈴木デザインセンターでの座席のための設計エンジニアとして活躍。
デザインは、ワイヤハーネスの3D CADツールを経由して、新しいコンポーネントのための概念設計を提供します。

職務経歴 1

英語 原文(本人記載)
W/H routing design using 3D CAD (UG NX9.0) from customer’s vehicle data.
Analyze W/H routing to eliminate mechanical and process related concerns.
Design and development of W/H related components from W/H routing data using 3D CAD (UG NX9.0).
Component Design for Harness (Protector, Clamp & Bracket) etc.
Sheet metal bracket and bead design as per requirement.
Prepare component 2D drawings by CAD software.
Customer Drawing Preparation (3D data change into 2D as per customer Standards).
Harness Product & Vehicle assembly confirmation for Layout Issues.
Prepared DFS, DFM, and DFA for wiring Harness Design Validation.
Component analysis to eliminate space and workability concerns.
Wiring Harness Benchmarking and Redesign (VA/VE) Activities
Engineering Cost Making and weight measurement for Running Project  Manufacturing Process Confirmation.
Product improvement through benchmarking and cost saving proposals.
Collaborate with DVP&R team to validate customer requirements
Provide 3D model optimization for technical, cost competitiveness and manufacturability.
Good knowledge of Load current calculation, Wire type and Size selection.
Knowledge of Fuse Selection with fuse rating.
日本語(機械翻訳)
お客様の車両データから3次元CAD(UG NX9.0)を使用して、W / Hのルーティング設計。
機械およびプロセス関連の懸念を排除するためにW / Hのルーティングを分析します。
Hルーティング/ WからW / H関連のコンポーネントの設計と開発3D CAD(UG NX9.0)を使用したデータ。
ハーネス用コンポーネント設計(プロテクター、クランプ&ブラケットなど)
板金ブラケットとビード設計要件ごと。
CADソフトウェアによって部品の2D図面を準備します。
集客準備(顧客の規格に従って、2Dに3Dデータの変更)。
レイアウトの問題のためのハーネス製品・自動車組立確認。
準備DFS、DFM、およびDFAスペースを排除するためにハーネス設計検証。
成分分析を配線するためとプロジェクト製造プロセスの確認を実行するための作業性の懸念。
ワイヤーハーネスベンチマークと再設計(VA / VE)活動
エンジニアリングコストの作成と重量測定。
製品の改善ベンチマークやコスト節約の提案を通じては。
にDVP&Rチームとのコラボレーション技術的、コスト競争力と製造のための3Dモデルの最適化を提供
顧客の要件を検証する。負荷電流の計算、ワイヤーの種類とサイズ選択の
十分な知識。
ヒューズ選定の知識をヒューズの定格と。

職務経歴 2

英語 原文(本人記載)
Preparation of all Projects Related Reports like Product Development Sheet, APQP, Countermeasure Reports.
Modification and Implement new Ideas in Product Development.
To implement the VA/VE proposals and study & compare the products through Bench marking process.
Representing the product engineering in cross functional team with other departments to resolve the design and quality issues facing in new projects.
Check out Manufacturing feasibility, Process Engineering for assembly, Product Planning.
Working on new project document like as PFC, PFMEA and SPC. Preparing the MCP (Manufacturing control plan) and TSS (Tool Summary Sheet) for new project.
Good knowledge of TPM and Lean manufacturing.
Working on VSM (Value Stream Mapping) for existing project.
Tool & Fixture Design for New Project in Auto cad & Unix-graphics (NX 7.5).
Working on the concept of Line Balancing and time study vs Motion study for productivity improvement.
日本語(機械翻訳)
すべてのプロジェクト関連の調製は、
。製品開発のシート、APQP、対策レポートのようなレポート変更と商品開発に新しいアイデアを実装します。
/提案をVEと勉強&プロセスをマーキングベンチを通じて製品を比較VA実装する。
表現します新しいプロジェクトに直面しているデザインと品質の問題を解決するための他部門とのクロス機能チームのプロダクト・エンジニアリング。
製造実現可能性、組立のためのプロセスエンジニアリング、製品企画をチェックしてください。
PFC、PFMEAなどのように、新しいプロジェクトのドキュメントでの作業とSPC。新しいプロジェクトのMCP(製造管理計画)とTSS(ツールの概要シート)を準備する。
TPMとリーン生産の十分な知識を。
既存のプロジェクトのためのVSM(バリューストリームマッピング)に取り組む。
ツール&治具の設計のためのオートCAD&Unix系グラフィックスの新プロジェクト(NX 7.5)。
生産性向上のためのモーションスタディ対ラインバランシングの概念と時間の研究に取り組んでいます。

Processing...