求職者データ詳細
最終更新:1388日前

CAEエンジニア

  • 150
  • 1

プロフィール概要

業種
自動車
職種
解析
技術分野
CAE
開発環境
CATIA V5 MD2 / Pro/E / ANSYS / LS-DYNA / ABAQUS / C# / Java / Python
製造環境
記載なし
国籍
インド
年齢
26歳
性別
男性
現在の居住地
※企業メンバー登録後に表示
VISA
※企業メンバー登録後に表示
在日経験
※企業メンバー登録後に表示
在米経験
※企業メンバー登録後に表示
日本企業勤務経験
※企業メンバー登録後に表示
米系企業勤務経験
※企業メンバー登録後に表示
現在の職種(本人記載)
※企業メンバー登録後に表示
現在の職務レベル
※企業メンバー登録後に表示
総経験年数
3 年
最終学歴
Ruhr University Bochum
学部・専門
M.Sc. Computational Engineering
卒業年
※企業メンバー登録後に表示
その他学校
※企業メンバー登録後に表示
専門・コース
※企業メンバー登録後に表示
卒業年
※企業メンバー登録後に表示
語学(英語)
※企業メンバー登録後に表示
語学(日本語)
※企業メンバー登録後に表示
語学(英語)
語学(その他)
EXCEL
※企業メンバー登録後に表示
WORD
※企業メンバー登録後に表示
POWERPOINT
※企業メンバー登録後に表示
ACCESS
※企業メンバー登録後に表示
希望する業種
※企業メンバー登録後に表示
希望する職種
※企業メンバー登録後に表示
希望する役職
※企業メンバー登録後に表示
希望勤務地
※企業メンバー登録後に表示
希望給与(月額)
※企業メンバー登録後に表示

製品・部品

ベトナム語 原文(本人記載)
英語(機械翻訳)
日本語(機械翻訳)

経験・スキル・知識

英語 原文(本人記載)
Possess thorough knowledge of subjects like FEM, Continuum Mechanics, CFD, Fluid Dynamics and Design Optimization
Successfully completed thesis on “Structural Optimization of Latch Systems by Mass and Stress Reduction” and “Design and Fabrication of Absorption Refrigerator”
Gained practical knowledge through various related academic projects and internship programs
Focused & goal-driven with strong work ethics and commitment to offer quality work
日本語(機械翻訳)
FEM、連続体力学、CFD、流体力学と「構造質量ラッチシステムの最適化とストレスの削減」と「吸収冷蔵庫の設計と製作」
博した実践的な知識にデザイン最適化
正常に完了した論文などの科目の完全な知識を持っています様々な関連学術プロジェクトやインターンシッププログラムを通じて
重視&質の高い仕事を提供するために、強い労働倫理とコミットメントと目標駆動型

職務経歴 1

英語 原文(本人記載)
Model build up of Door handle and bracket. Durability analysis of the afore mentioned products followed by Structural optimization. Stress analysis of the camera assembly used in Porsche using Abaqus Explicit Solver. Stress analysis of the Ignition Switch in order to find Contact pressure at the base plate. Study of the fiber orientation. Non- Linear analysis of Door Handle and Bracket of BMW, Daimler and CHRYSLER.
Solid meshing is done by Finite Element Modeling tool HYPERMESH. Creating a Solid mesh by keeping in mind the various company standards. FE Modeling, Element Quality Checks and Removing any Intersection or Penetration between parts. Maintaining a minimum element size across the model resulting in lesser stable time increment.
Solid Hexa meshing is done by Finite Element Modeling tool HYPERMESH. Creating a Solid mesh by keeping in mind the various company standards.
日本語(機械翻訳)
ドアハンドルとブラケットのモデルビルドアップ。構造最適化に続いて前述上記の製品の耐久性解析。 Abaqusの明示的なソルバーを使用してポルシェで使用されるカメラアセンブリの応力解析。ベースプレートに接触圧を見つけるためにイグニッションスイッチの応力解析。繊維配向の研究。ドアハンドルやBMW、ダイムラーとクライスラーのブラケットの非線形解析。
ソリッドメッシングは有限要素モデリングツールのHyperMeshによって行われます。心の中で様々な企業の標準を維持することによってソリッドメッシュを作成します。 FEモデル、要素の品質チェックと部品の間の任意の交差点や侵入を削除します。少ない安定した時間増分で得られたモデルの両端の最小要素サイズを維持する。
ソリッドヘキサメッシングは、有限要素モデリングツールのHyperMeshによって行われます。心の中で様々な企業の標準を維持することによってソリッドメッシュを作成します。

職務経歴 2

英語 原文(本人記載)
Durability analysis of the Side door latch. Optimization of the lever used in the Side Door latch used in BMW vehicles. Obtaining a feasible design using Optistruct which can be manufactured
Boundary analysis of the bracket was done using Abaqus to determine the reaction forces to be used in optimization. Topology Optimization was done using Optistruct to find an optimum design for the bracket. The Door handle went through various explicit boundary analysis using Abaqus solver in different load direction. Finite Element Modeling tool HYPERMESH are used for Load introduction. FE Modeling, Element Quality Checks, Applying Boundary condition, Preparing analysis set up for Abaqus solver, Interpreting FEA results.
Shell meshing is always done at the mid of the surface so that thickness can be allotted to the concerned area.
日本語(機械翻訳)
サイドドアのラッチの耐久性解析。 BMW車に使用されるサイドドアラッチに使用するレバーの最適化。製造することができるOptistructを使用して実現可能な設計を得る
ブラケットの境界分析を最適化に使用される反力を決定するためのAbaqusを用いて行きました。トポロジー最適化は、ブラケットのための最適な設計を見つけることOptistructを用いて行きました。ドアハンドルは、異なる負荷方向にAbaqusのソルバーを使用して、さまざまな明確な境界分析を通じて行ってきました。有限要素モデリングツールHyperMeshの負荷導入のために使用されます。境界条件を適用するFEモデル、要素の品質チェック、FEA結果の解釈、Abaqusのソルバー用にセットアップ分析の準備。
厚さが関心領域に割り当てることができるように、シェルのメッシングは常に表面の中央で行われます。

職務経歴 3

英語 原文(本人記載)
Did student work on Two phase material under the esteemed guidance of Prof. Günther Meschke ( http://www.sd.rub.de/en/Lehrstuhl/Mitarbeiterseite_Guenther_Meschke.html )
Code generation with the use of Java for consolidation of material from two-phase to one-phase in finite element method.
日本語(機械翻訳)
教授ギュンターMeschke(http://www.sd.rub.de/en/Lehrstuhl/Mitarbeiterseite_Guenther_Meschke.html)の統合のためのJavaを使用した
コード生成の尊敬の指導の下、二相材料上の学生の仕事をしました有限要素法における二相から1相の材料。

Processing...